レムリアンシードクリスタルヴォーゲルワンド/オズワルド・クルズ医師 Lev0001

¥ 254,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

※0円以上のご注文で送料が無料になります。

こちらはCASAのエンチダージ、オズワルド・クルズ医師のヒーリングエネルギーを宿した、レムリアンシードクリスタルで作られたヴォーゲル(フォーゲル)ワンドです。
4つのワンドの中で最も細く長いワンドです。生前細菌の研究で成果を上げられたクルズ医師らしい美しいワンドだと思います。

重さ:約291.1g 最大直径:約3.8cm 長さ:約16.5cm

2017年3月下旬、今では幻となりつつあるブラジル産レムリアンシードクリスタルの故郷を訪ね、ミナスジュライス州のカブラル山脈周辺を旅して参りました。
環境保護のためにブラジル政府が無分別な採掘を禁止し多くの鉱山が閉じられてしまったため、すっかり市場から姿を消しつつあったレムリアンシードクリスタルですが、この度わずかに採掘を許されている鉱山から磨き工の元に届いたばかりのレムリアンを譲っていただくことができました。

こちらはその磨き工の方が生涯をかけて丁寧に磨き、
自宅に保管していたヴォーゲルワンドです。

レムリアンはそのレムリアンリッジと呼ばれる表面の成長線が最も特徴的ですので、わざわざこれを磨き落としたりすることはございません。
ほぼ原石のまま市場に出回ることがほとんどです。
ですが、採掘されるものの中には傷がついて売り物にならなかったりするものもあり、そういうものが丸玉やこのようなワンドなどに磨かれたりいたします。

中でもヴォーゲルワンドに磨くためのクリスタルは極上のクオリティが要求されます。均質な水晶が見つからないため、ヴォーゲルワンド製作者は溶錬水晶を使ったりすることもあるそうですが、こちらはただでさえ希少なレムリアンの、透明度高くクラックや内包物のほとんど含まれない部分を、丁寧に丁寧に手作業で磨いたものなのです。

この磨き工の方はその原材料の入手のしにくさとかかる手間暇のため、それまでの生涯にたった9本しかレムリアンヴォーゲルを制作することができなかったとのことでした。もちろん、今後もコンスタントに制作できるものではなく、鉱山も次々と閉鎖されていく中においては原材料の入手もままならないため、制作を続けることができるかどうかわからないとのことでした。

このワンドは、厳密にいうとヴォーゲルワンドを提唱されたヴォーゲル博士の設計とは違うものですが、このワンドから感じられるヒーリングエネルギーには恐るべきものがありました。私はその中から最上級のクオリティのもの4つを厳選し、譲っていただくことができたのです。

そもそもとても強いヒーリングエネルギーを持つレムリアンですが、こちらのヴォーゲルワンドに磨かれたものにはさらに強いエネルギーを宿しています。

我々はそれをさらにCASAのカレントルームに持ち込んででワークし、CASAのエネルギーをインヒューズいたしました。森のチャネルによると、なんと一つ一つ個別のエンチダージが宿ったそうです!そのためこのワンドからはとてつもなく強いCASAのヒーリングエネルギーが流れ、中でも霊視、ヴィジョンを見るのに役に立つのではないか、とのことでした。

お求めになられたお客様は、必要に応じましてこれをどのように使用したらいいのか、森に個別のアドバイスを求めることができます。森はあなたのハイヤーセルフにチャネルし、あなただけのための使用方法を伝授いたします。

どうか、このレムリアンシードクリスタルヴォーゲルワンドをお見逃しなく!
限定4点のみの販売です!

●●森によるチャネリングメッセージ●●

◆◆Dr.オズワルド・クルズ◆◆
■所感
 このヴォーゲルワンドに触れたときに感じたのは「限りなく聡明な意識」でした。CASAでDr.クルズは自分の名前を滅多に名乗りません。エンチダージとしてのクルズ医師は本当に穏やかな性格で優しく思いやりに溢れています。そしてその基本にあるのは「人としての転生を繰り返してたどり着いた叡智」と、それに加えて計り知れぬ「宇宙の叡智」ではないかと感じました。このワンドもクルズ医師そのものを表しているかのように、澄んだエネルギーが感じられました。

 これを持つことでなにかすべてを見通せる叡智を手にしたかのような気分になります。もちろんこれは比喩ではなく、実際にそのエネルギーとつながれる、ということかと存じます。

■Dr.オズワルド・クルズとは
 クルズ医師はブラジルでは偉大な医師・研究者として名前を残している素晴らしい方です。オズワルド・クルズ研究所は細菌学の中軸として現在機能していますし、主都ブラジリアにあるオズワルド・クルズ財団、オズワルド・クルズ記念病院は社会の基盤として人々の生活を支えています。

 生前のクルズ医師は細菌学の権威であり、ブラジル中に衛生の考え方を広める活動をし、リオデジャネイロや他の都市での伝染病を食い止めました。そして公衆衛生局の長官や厚生大臣を歴任しました。1907年ドイツ-ベルリンで開催された第14回国際衛生・人口会議ではその功績を認められ、メダルを授与されました。

 先にDr.クルズは滅多に名乗ることはないと言いましたが、一度、自分がクルズであることをこっそり私に教えてくれたことがありました。セッションとは別に「バイバイライン」というその週に地元に帰る人がエンチダージにお別れと感謝をいうラインがあります。この列に列んだとき、サインして貰おうと思って持っていった絵葉書の絵の中に自分の肖像を見つけて、それにチェックして渡してくれました。

 絵葉書を持って、外に出て始めて、クルズ医師が何をしたのかが解りました。一言名乗ってくれればよいものを回りくどいことをして、と思ったのですが、こういう照れ屋さんの面もぜひ皆さんに知って貰いたいと思っています。

■見込まれる効果等
 クルズ医師は亡くなった後も細菌学の研究を続けているようで、ウィルスやそれがもとになる難病について、極めて造詣が深いと言えます。そういう意味でこのワンドはウィルス等がもとになる病気にはとりわけ効果を発揮するのではないかと思います。そういう意味ではいま感染症やウィルス性の病で苦しんでいる方の光明になることと存じます。また、関連して現代医療で難しいと言われている病への可能性も開かれているように思っております。

 もちろんCASAのヒーリングエネルギーとレムリアンのヒーリングエネルギーも兼ね備えたものですので御自身が癒やされたいという方であれば、だれが持ってもいいと思います。また、広く色々な種類のエネルギーとも同調できるような広量さもあるように感じますので、エネルギーワークのプラクティショナーの方にも様々なワークと組み合わせて使って頂きたいと思っております。

■使い方
 これについてはエンチダージの一人でありCASAで管理的な立場にあるDr.アルメイダの言葉をそのまま伝えることが大事との考えからチャネリングの一部を一人称で記述することにいたします。

――『私の名前を呼んでください。私は遍在するエネルギーです。いつでもあなたのそばに居ます。これを使うとき、私のエネルギーとまずつながってください。私は「求めよ、さらば与えられん」という法則に従っています。

 無理に何かを感じる必要はありません。呼ぶだけで十分です。ただ、私があなたの側にいることは強く信じてください。これは私の同志である他のエンチダージとつながるときにも同じようにします。

 これを使うときは繊細に扱わねばなりません。すべての意識をこのワンドに集中してください。何かを受け取りたいときは細い方を自分に向けます。何かを手放したり、送ったりするときは細い方を自分の外に向けます。

 感情的な低波動のエネルギーを手放したいときにはハートチャクラに向けて、太い方を握ります。右手で握ってください。左手は軽く添えるようにしてください。左手を添えるのは安定性を保つためです。すべての動作をゆっくりやってください。自分のエネルギーフィールドを大事に扱うことが重要です。

 物理的な肉体の痛みを扱うときは痛みのある部分の近くに持っていってください。感情的なことも物理的なこともどちらも低波動のエネルギーであることに変わりはありません。それをリリースしたいときは黒あるいはよどんだ色の雲を思い浮かべ、それが自分の側からワンドに流れ込んでいくことをイメージしてください。』――以下続きます。
※長くなりますのでこれ以下は購入後添付の資料にて御確認ください。

■最後に
 これは今回のチャネリングではなく、以前残したDr.オズワルド・クルズの有名な言葉です。
“Please go into this process more consciously, this is not a vacation.”
『もっと意識的にこのプロセスに入っていってください、これはバカンスではありません』
――Dr.Oswaldo Cruz

※このクリスタルは医療器具ではありません。また特定の病気に係る治癒を保証するものではありません。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する